八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索

 光平先生の碑の草刈り・秋編  天誅(忠)組記念館館長  2018年9月23日(日) 18:07
[修正]
9時集合で始まった恒例の玉祖神社下の草刈り。一時間を一心不乱に活動。これは、天忠組のスローガン「一心公平無私」に通じそう。今回は「FMちゃお」から川口ともさんが取材に。なんと、お手伝いまで。光平さんもお喜びだったかと。その後は恒例の社務所での宮司さんのお話の後、ミニ講座。今回は「北畠治房と光平さん」。皆さんお疲れのところをウトウトする方は一人も無し。偉い!では、清掃でまた会いましょう。

 講義に感謝  Kan  2018年9月23日(日) 18:29 [修正]
歴史クラブが光平碑周りの清掃をするようになって5・6年。(正確に調べておきます)清掃実践と学びのセットはこの行事の格調をあげている。これも館長さんの協力あっての事。また玉祖神社の全面協力のおかげだ。できればこの企画が長く続いてほしい。一人が一人声掛けしよう。

 光平先生のこと  ikekazu  2018年9月23日(日) 20:21 [修正]
 日記を繰ってみた。H25/9/29に「玉祖神社で『伴林光平生誕200年祭』開催。10:00より碑の前で生誕の式典。10:30より拝殿前で紙芝居、11:00よりパネルディスカッション。12:30より社務所で直会。参加は市長をはじめ約50名か。

 光平碑の清掃の最初はH27/9/27(日)となっている。「13:30頃から4人で下草を刈る。初めS君も少し手伝う。夜の『月見会』には歴史サ−クルは不参。今宵の月はとても綺麗だ。」

 今日のこと。人は自分を守りたいとの本能が働く。また悪気はなくても、思い違い、思い込みという厄介な性癖がある。北畠治房(平岡鳩平)の言っていることが正しいか、光平さんの方が本当かは神のみぞ知るではなかろうか。だからこそ歴史は楽しいという一面もある。

 この平和な神社から発信したいですね。  天誅(忠)組記念館館長  2018年9月24日(月) 7:42 [修正]
この光景は本当に平和ですね。鳩ではありませんが、神立の平和のシンボル。伴林光平さんの事を沢山知って貰う場として「伴話の地」と命名(笑)。

 「伴話の地」いいですね。  Kan  2018年9月24日(月) 10:47 [修正]
伴林(トモバヤシ)から伴話(トモバナシ)へ。最高です。ところで伴林光平碑清掃のスタート日が調査の結果わかりました。H26年9月23日です。今年でちょうど5年目となります。「伴話の地」となるよう頑張りましょう。

 「FMちゃお」さんから。  天誅(忠)組記念館館長  2018年9月24日(月) 19:55 [修正]
先ほど、取材されたFMちゃおの川口記者から、写真が来ました。「伴話の地」とする為には、毎月の催事の定着化が課題と感じました。

 これが「年縞(ねんこう)」です。  Kan  2018年9月21日(金) 21:34
[修正]
縁あって福井の三方五湖近くにある「年縞博物館」を訪れた。この9月15日にオープンした真新しい博物館だ。奇跡のような条件がそろった湖の底の自然堆積物が7万年の歴史の物差しになるというのだ。三方五湖の一つ水月湖の底には深さ45mの「年縞」と呼ばれる堆積物の縞模様が形成されている。季節によって堆積物の色が変わるため1年毎に縞が現れる。1年で0.7mm堆積し45mで7万年になる。7万年とは現生人類がアフリカに生まれ世界に広がった歴史に符合する。堆積物からはその時の気候や火山の噴火、洪水や地震までわかる。つまり7万年の歴史の物差しになるのだ。縄文人がどのような環境で過ごしていたかが1年単位でわかる。写真は堆積物をボーリングで湖の底から採り出しスライスしたものを樹脂で固めたものである。いつかクラブの皆さんとぜひここを訪れ、学芸員に説明を受けたいものだ。(検索 福井県年縞博物館)

 10月のお茶の間セミナー  Kan  2018年9月24日(月) 10:51 [修正]
10月のお茶の間セミナーは「年縞」がテーマです。ぜひご参加を。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16
全 100件 [管理]
CGI-design