八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索

 言葉にする難しさ  ikekazu  2019年4月20日(土) 23:28
[修正]
「入学式ではなく、卒業式で言うべき内容だった」との反対論もあった、東大名誉教授・上野千鶴子さんの祝辞。何事にも賛否両論はつきものであり驚くに当たらない。歯に衣を着せぬ発言で知られる氏のこと、そこは氏も十分織り込み済みではなかったろうか。

 私が、”その通り”と思った言葉を挙げたい。
@「世の中には、頑張っても報われない人や頑張ろうにも頑張れない人がいる。恵まれた環境と能力を、自分が勝ち抜くためだけに使わず、恵まれない人々を助ける為に使ってほしい」

A「頑張っても公正に報われない社会が待っている。頑張ったら報われると思えることが、恵まれた環境のお陰だったことを忘れないで欲しい」。この内容が希望に満ち溢れて臨んだ新入生への祝辞としてそぐわないと思われたのであろうか。

 処で私の経験から。感謝の気持ちで、「恵まれた環境にありありがたいことです」と述べた文章が、それを目にする恵まれない環境にいる方々を、傷つける恐れがあるから止めたほうが良いとの忠告を頂いた。 例えれば、「内戦の続くシリアでなく日本に生まれてよかった」を聞いたシリアの難民はそれをどう思うか? ということだろう。

 言葉は本当に難しいと思った瞬間であった。

 誉田八幡宮の枝垂れ桜  あ  2019年4月16日(火) 19:16
[修正]
 藤井寺の誉田八幡宮境内の枝垂れ桜が満開を迎えていた。それは境内を流れる放生川、そして誉田八幡宮と応神天皇陵を結ぶ反り橋の傍にひっそりと、そして見事に咲いていた。
 

 100歳まで活動出来るかな  ken  2019年4月16日(火) 14:49  HP Mail
[修正]
京都では桜も終了の時が来ました。今年は4回も桜を描く。
この先約8ケ月は私には嬉しい季節です。
昭和43年、平成31年、この先、令和の時代26年活動したい。100歳です。
少しばかりの好きな伏見のお酒、皆様と一緒に旅のスケッチ、+温泉。
この3つ生きるための私の活力となっています。
昨年からクラブにて4回、今年も4回スケジュールUP。
ボケ防止と健康維持です。
桜4点UP致します。

 御製・御歌にみる夫婦愛  ikekazu  2019年4月14日(日) 14:23
[修正]
 間もなく新天皇のご誕生である。処で今上陛下のご成婚は昭和34年4月10日、今年で60周年・民間でいうダイヤモンド婚式を迎えられた。誠に嬉しいことながら、この年に私は18歳で社会に踏み出したので、社会人60周年なのである。

 さて、明治天皇はご生涯に4万首の御製を遺されたといわれる。驚くべき数であるが、昭和天皇も1万首詠まれたと今年元旦の朝日新聞に出ていた。ご発言が政治色を帯びないよう、政治に利用されないよう気を使わねばならない天皇にとっては、その気持ちを表す唯一の方法が、御製であろう。

昭和天皇の御製(昭和61年)
 皇后と 共に都に帰らぬは
 すこやかならぬ(ならぬため) さびしかり
 香淳皇后の病状が進行し、滞在先の那須御用邸から東京へ御一人で帰られた際の一首(所功 モラロジ−研究所道徳科学研究センタ−教授)


美智子皇后の御歌(昭和48年)
 仰(おふ)ぎつつ 花えらみゐし 辛夷(こぶし)の木の
 枝さがりきぬ 君に持たれて

皇后さまが、記者団に結婚してよかったと思われた瞬間を問われて、挙げられた御歌である。美智子皇后の詠まれた歌には、そこはかとなく品格が漂うが、中でもこの御歌は私の最も好きな一首である。

 上の2首に共通しているのは、お連れ(同伴者)への深い思いであり愛情である。まさに夫婦のあるべき姿をお示しになっているとは言えないだろうか。

 旧なばりまち散策ツアー  Kan  2019年4月13日(土) 13:12
[修正]
プラン八尾市周辺の会「春の例会」は平成31年3月31日に三重県名張市の「旧なばりまち散策ツアー」を実施。天候にも恵まれ、参加者は兵庫県、大阪府、三重県から男性11名、女性13名の合計24名となった。
藤堂高虎の養子、高吉に始まる名張藤堂家の屋敷を見学。豊臣秀吉の朱印状などの展示がある。この屋敷を中心に広がる町並みは落ち着きのあるたたずまい。伊勢へと続く初瀬街道や水のきれいな名張川、「元伊勢」伝承の宇流冨志禰(うるふしね)神社、江戸川乱歩の生誕碑もある。地元酒屋のはなびし庵では江戸時代の生活用品が所狭しと展示され、ご夫婦演じる歴史影絵劇を鑑賞、土地の歴史や文化を堪能する。
 お昼は蔵のある「やなせ宿(旧細川邸)」で「乱歩弁当」をいただく。いよいよ本会のメインイベントに入る。会長の挨拶に続き、参加メンバーの自己紹介とチャイルド自慢に花が咲く。あっという間に予定の時間。地元参加者からお土産に地元銘菓「丁稚ようかん」を頂戴し近鉄名張駅で秋の例会の再会を楽しみに散会。参加者の感想が届く。「今日はとてものんびり、楽しい、有意義な1日でした」ちなみに秋の例会は10/13の予定。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16
全 100件 [管理]
CGI-design