八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索

 「源氏物語」の思い出B  ikekazu  2021年8月20日(金) 9:33
[修正]
 もう随分と昔、八尾の文化会館に源氏物語の専門家(大学教授)が来られ、話を聴きに行った。変な質問かと思ったが、「光源氏は何故子どもが3人しか生まれなかったのでしょうか、紫式部の意図した処は何だったのでしょうか?」と尋ねた。憶えていない所も見ると、確たるご返事を頂けなかったのではと思う。

 光源氏の3人の子どもとは、@正妻・葵の上との間にできた「夕霧」、後に太政大臣。A藤壺女御(中宮)との間にできた冷泉帝(不義の子)。B明石の君との間の明石の姫君(今上帝の女御、後中宮。宇治10帖で活躍する「匂宮」の母)である。見事なまでに、宿曜の見立て通り、帝、后、太政大臣と並びたったのである。

 不思議なのは、光源氏は少なくとも十数人以上の女性と関係を持った筈。であるのに子どもは3人。父・桐壺帝も、永遠の友でありライバルでもあった頭中将(最後は致仕大臣)も、わが子・夕霧もそれぞれ10人以上の子どもを授かっている。平安貴族社会は子だくさん程権勢を誇示できた。しかし、紫の上にも、朧月夜、六条御息所にも子供ができなかった。

 その後、寂聴さんが「わたしの源氏物語」を出された。驚いたことにその中で同じ疑問を呈されているのだ。「平安時代は、どんなバ−スコントロ−ルをとっていたものかを知りたい」と。

(私の結論) 光源氏は、名誉、富、能力と言い、ほぼ思い通りの人生だった。一つ位欠けるものがなければ不公平であるというのが紫式部の意図だったと思いたい。尚、紫式部は藤原道長の娘・彰子(賢帝一条天皇の中宮)付きの女房であり、道長の召人?だった。”この世をばわが世とぞ思う望月の欠けたることもなしと思えば”と権勢を振るう道長に眉をしかめていたのかもとも思う。

 沖縄終戦の日  ikekazu  2021年8月19日(木) 11:02
[修正]
 上皇様は年に4日間は、特段のことがなければ私的な外出はされないと言われる。その一つが6月23日の「沖縄戦終了の日」である。他の3日間は皆様には当然お分かりと思うので省く。沖縄戦では約18万人が命を落としたという。先の大戦で民間人が亡くなった最初で最後の地上戦であった。もう76年にもなるのだ。

 何回も取り上げた(私の沖縄への思い入れも含め)が、昭和天皇は、最後の最後まで沖縄ご訪問を熱望されておられたが、叶わなかった。さぞかしご無念であられたことだろう。しかし、そのお気持ちは上皇様や今上陛下にもしっかりと継がれているのだ。

 ところで、最近ショックなニュ−スをみてしまった。それは沖縄戦の遺骨収集をボランティアで続けておられる具志堅隆松さん(67)の話である。今沖縄では辺野古の米軍基地建設のための埋め立てが行われている。そこまでは取り立てて申し上げることはない。激戦地だった本島南部にはいたる所に遺骨が埋まっているのだそうだ。いくら収集しても終わりがないという。処が国はこの地域の土砂を辺野古での埋め立てに使おうとしているというのだ。戦死者の遺骨の混じった砂を、である。

 本来なら保守派や右翼・愛国者が真っ先に怒りの声を上げるところだが、誰も上げないとのこと。具志堅さんは「遺骨の混じった土砂を埋め立てに使うのは人道上許されない」と訴えたが、国からは全く誠意ある答えが返って来ないらしい。

「はっきり間違っていると言い切れる事はそうありません。でも戦争で亡くなった人の遺骨を埋め立てに使うというのは、はっきり間違っているんです」と結ばれている。これが事実ならとても悲しいことだ。 

 「源氏物語」の思い出A  ikekazu  2021年8月18日(水) 11:52
[修正]
〇平安京の夜は、現在の我々が想像する以上に暗かった。
いや想像を絶すると言った方が当たっているかも。だから男女間でこんなはずではなかったと言った悲喜劇が起こる事も。
〇男君が女君を知る方法(手順)は
女君の乳母や女房、兄弟などから噂を聞く。それで恋心を募らせて手紙を送る。女の方は気があれば、2回目、3回目位で返事を出し、男はその筆遣いや文面で女の性格や教養を判断していた。本当にマドロコシイかった。女性は夫や家族にしか顔をみせないのだ。

〇恋を語るには歌の教養が条件
教養として元歌を知っている事も必要であり、文字も綺麗に書ける事。使用する紙の知識や使い分けも大事(紙は貴重品)。
〇一夫多妻制であった。
あなたはそれを羨ましいと思いますか? いえいえ良いことばかりではありませんよ。光源氏は正妻2人(同時ではない)、正妻格1人、妻5人、その他妾、女房、召人も多数いたのだが、6〜7人もの女性を公正・公平に扱わねば誰かから文句が出る。薄氷を踏む思い?だったかも知れませんよ。帝でさえ数多の女御・更衣から反感を買うことも。

〇朝廷の仕事は朝6時頃から始まり、午後の3時頃まで勤務。
その後暗くなりかけた頃、これと目を付けた女君を訪問し、色々とやり取りをして、上手くいけば泊まり、夜が明けぬうちに引き払い、気にいった相手だったら、1時間でも早く文(歌)を女君の元に届けねばならない(後朝の歌)、しかも勤務が後ろに控えている。余程体力がなければならない。但し、源氏物語では仕事の場面がほとんどない。

 東京五輪  ikekazu  2021年8月17日(火) 17:08
[修正]
 前回の東京五輪は、昭和39年10月10日(土)から始まった。私の脳裏に鮮明に残っているのは、抜けるような青空だったことである、NHKのアナウンサ−が次のように紹介している。「世界中の青空を全部東京に持ってきてしまった様な素晴らしい秋日和でございます」

 何時から「スポ−ツの秋」と言われるようになったのだろうか。スポ−ツは秋が最適と思いこんでいる。処が今回の東京五輪は日本で一番暑いと言われる7月23日から始まった。何故気候の良い秋ではなく暑さがピ−クの夏なのかと思っていた。理由は世界最大のスポンサ−である米国のテレビ局NBCの意向をIOCが汲んでの事らしい。なにしろ、1000億円以上の放送権料が入るというのだ。又競技が主に夜なのも日米の時差の関係である。

 第12回五輪は、昭和15(1940)年に東京でと決定した。この件で当時の読者からの投稿(昭和11/9/3付)を目にすることができた。内容は、世間ではどうやら真夏の帝都の酷暑が問題とされ、10月開催が唱えられていて、その事への反論である。その理由として、@米国の戸外陸上競技シ−ズンは4月〜7月である。だから8月にやれば、シ−ズンに狂いが生じない。A10月は米国のスポ−ツの王座を占める蹴球シ−ズンが漸く佳境に入らんとする時。その時に五輪をやると言いだしたら、それこそ物笑いの種になる。10月説の如き一を知って十を知らざる素人論で、うっかり海外へでも放送されたらいい恥曝しだと思ふ。と結んでいる。(但しこの大会は戦時中を理由にその後辞退したのだが)。

 85年も前に、米国に最大の理解を示している。今回の7月開催の理由にぴったりではないか。

 「源氏物語」の思い出@  ikekazu  2021年8月16日(月) 11:48
[修正]
 女君の紹介が一応終わりましたので、「源氏物語」について思った事を書いてみたいと思います。

「光源氏」とは名前からして凄いですね。父は桐壺帝、母は桐壺更衣、2番目の皇子です。身分、美貌、才能とどれを取ってもこれ以上はない人として描かれています。彼の超人的な在り様、それが一つの偉大な個性であるといえなくもない。帝は高麗の相人(占い人)に光源氏の観相を依頼。相人の占いは「帝王相があるが、そうなると憂慮すべき乱れが生じる。とはいえ、朝廷の補佐役の相というわけでもない」でした。そこで帝は光源氏を臣下として、源氏の姓を与えることにしました。

 多くの女君に文(歌)を贈り、女房達を使い、関係を求めた源氏でしたが、女性関係はどうだったでしょうか。

 正妻・・葵の上(左大臣の娘)、女三の宮(朱雀院の3番目の内親王。
     (時期はずれています)
 正妻格・紫の上(33年間連れ添う。源氏が最も愛した妻。紫の上の死
     後、源氏は一挙に老け込む)

 妻 ・・花散里、末摘花、明石の君(源氏との間に女の子ができ、最も運
     の開けた女君。自分と言うものを心得ている)
 関係のあった女君・・藤壺中宮(桐壺帝の后。先帝の四の宮)桐壺更衣に
     そっくり、源氏との間に不義の子を儲ける=後の冷泉帝。
     夕顔 最も長く源氏の心をとらえ続けた女君、19歳で突然死。
     娘が玉鬘。

     空蝉 紫式部の分身ともいわれる。ただ一度の契りはあったが、
     以後源氏の求愛に応じない。その矜持が読者を惹きつける。
     六条御息所 先の東宮の后。当代随一の教養人であり、美貌の
     持ち主。葵の上、夕顔、女三の宮を苦しめる。教養が邪魔した。
     朧月夜 右大臣の六の宮、二人の仲は27年続いた。源氏の心と
     肉体を捕らえていた相手だった。奔放な性格。

 関係を結べなかった女君・・・秋好中宮、玉鬘、朝顔の斎院。(あの手こ
     の手で言い寄るも光源氏と言えどもどうにもならなかった)。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20
全 100件 [管理]
CGI-design