八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索

 作家の感性では  ikekazu  2019年6月7日(金) 20:04
[修正]
 人間が他の動物と違っている点は?について、先日、モラロジ−の創始者廣池千九郎博士の説を紹介した。要点は「人間が他の動物より優れている唯一の点は『人間が神的なものを認めている』」でした。

 では、感性鋭い作家はどう見ているでしょうか。少し長くなりますが、太宰治「斜陽」の中で次の様な会話があります。「お母さま、私ね、こないだ考えた事だけれども、人間が他の動物と、まるっきり違っている点は、何だろう、言葉も智慧も、思考も、社会の秩序も、それぞれ程度の差はあっても、他の動物だって皆持っているでしょう? 信仰も持っているかも知れないわ。人間は、万物の霊長だなんて威張っているけど、ちっとも他の動物と本質的な違いがないみたいでしょう? 処がね、お母さま、たった一つあったの。おわかりにならないでしょう。他の生き物には絶対無くて、人間だけにあるもの。それはね、ひめごと、というものよ。いかが?」

 お母さまは、ほんのりお顔を赤くなさって、美しくお笑いになり、「ああ、そのかず子のひめごとが、よい実を結んでくれたらいいけどねぇ。お母さまは、毎朝、お父さまにかず子を幸福にしてくださるようにお祈りしているのですよ」

 最後の、「他人の幸せを祈る」ことも人間だけが為すことかも知れない。

 道徳教育の大切さ  koba  2019年6月7日(金) 10:47
[修正]
八尾の皆様、ご無沙汰しておりました。
ご周知のとおり、今年度から道徳が中学の教科化になりました。
小学校はそれ以前に教科化されていましたが。

私は部署の異動となり、道徳教育の担当者に任命され、講師を招聘しての研修会の実施、「評価」の案の作成、ワークシートの作成等で奔走していました。全国、どの学校でも手探りの状況だと思います。

部署の仕事の負担が増えただけではなく、授業面(国語の教科)の負担、学年会の仕事の負担、部活指導も負担が増えました。全ての面で今年は負担が増えました。仕事の負担が減った教員も沢山いますが。。。。。

管理職に裏工作(私的な陳情)やごますりしない私への冷遇措置とも解釈できますが、しかし、道徳教育の担当者に任命された負担はプラス思考で喜びたいと思っています。

道徳教育の充実、啓蒙は生徒たちの自尊感情を育み、自己肯定感を高めることができます。人への気遣い、思いやりの心を豊かにすることもできます。

道徳教育の教科化はゼロからの試み、ゼロからの教育創造。道は私が敷いてお膳立てをして行くことになります。文句や不平・不満を言って、道徳教育を面倒に思う教員もいます。消極的な教員も少なからずいます。私よりも遅くに登校して、早く帰宅する教員ほど、道徳教育に消極的な傾向があります。

しかし、道徳教育はとても重要だと思っています。道徳の授業だけで行うものではなく、全ての教育活動の場面で実施・活用すべきものです。

心豊かな生徒を一人でも多く育てる為に、奔走したいと思っています。

 道徳教育担当  Kan  2019年6月7日(金) 14:12 [修正]
お久しぶりです。道徳教育の担当者になられたこと、KOBAさんにピッタリです。人格の完成が道徳教育の目的とお聞きしています。KOBAさん以上の適任者はどこを探してもまずいないでしょう。八尾でも「道徳ってなに?」というテーマで8月18日にセミナーを開きます。(チラシ添付)講義よりもディスカッションが中心で、講師は尊徳7代目子孫、中桐万里子様です。KOBAさんにもお時間が合えばお越し願いたいぐらいです。いずれにしても次回お会いする時は活躍ぶりをお聞かせください。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15
全 100件 [管理]
CGI-design