八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索

 街角紙芝居  Kan  2019年5月5日(日) 22:24
[修正]
本催しも7年目になる。子供の日、八尾の久宝寺緑地で恒例のイベント「街角紙芝居」。八尾ニューモラルからはスタッフ15名が参加し事前にイベントビラを配布。その効果もあり常に150名ぐらいの家族連れが客席を埋める。クイズ、大型紙芝居、エプロンシアター「大きな蕪」、ウクレレ、フラダンスなどあっという間に1時間が過ぎる。終了後出演者とともに懇談。それぞれの思いが語られる。「また来年もやりますよ」そんな声に励まされ散会。

 盲目の貴婦人  ikekazu  2019年5月5日(日) 0:37
[修正]
 誰あろう、盲目の貴婦人とは我が家のララである。今日5日に目出度く14歳の誕生日(人間に換算して72歳)を迎えた。10日ほど前に血尿が出て、獣医科で尿検査をしたところ、3項目で異常値が見つかり服薬中だが、その後は血尿は見られずまずは一安心というところである。

 2年近く前から白内障を患っていて、もうほとんど見えないのではなかろうか。あちこちにぶつかりながら移動するのを見るのは忍びない。しかし本人は至って元気・平気で愚痴一つ零さない。そのことを友人に話したら、我々人間が聞き取れないだけかも知れないというのだが・・・・。

 私は人間が他の動物に見習わねばならない点は、運命を素直に受け容れるところだと思うのだが、どうだろうか。 人間と他の動物の違いはなにかと問えば、「火を使えるかどうか」を筆頭に色々な意見があるが、モラロジ−の創始者・広池千九郎博士は「道徳科学の論文」で次のように述べている。

 いやしくも「人」という名の付くものはいかなる未開人にても、神を信じ拝するも、人間以外の動物はいかに怜悧なものでも、神を信じ拝することを知らぬというのです。そこで個別的に見れば、動物の中にもある一部の人間よりも道徳的に優れたものもあり、また人間にても動物より劣った不道徳漢があります。しかし全体的に見れば、人間の方が動物よりも優れておるはずでありまして、その優れた唯一の点は人間が神的なるものを認めておることにあるといい得るのであります。

 タケノコ掘り  Kan  2019年5月4日(土) 23:53
[修正]
4月30日今上天皇様退位の日、午後に向かって天気は回復、友人宅の竹やぶでタケノコ堀りに挑戦。ひとつ掘るにもなかなか大変だ。小学4年生のH君も大奮闘、この経験が彼等の貴重な経験になることを祈る。

 朝日川柳  Hase  2019年5月2日(木) 12:47
[修正]
「昭和の日・平成・令和スリーデー」

御代代わりましておめでとうございます。連日のマスコミ報道で、すっかり「令和」も定着した感じです。10連休の中、偶然にも?昭和の日、平成最後の日、令和初日と、3御代メモリーデーの連続3日間となりました。今もなお矍鑠し5代を生き抜いてこられた108歳の女性「長生きしすぎました」と、そして、だいじな一言は≪平和≫。今上天皇におかれましては、お元気でさらに国民に寄りそって下さり、令和の時代も平和が続いてくれることを心から願っています。

 遵義の桜  ikekazu  2019年5月1日(水) 15:52
[修正]
「遵義の桜咲く庭に 霊峰青し比良比叡・・・」は、60年前に卒業した母校の校歌の出だしである。

 手元に特製のシャ−プペンシルがあり、そこには「創立120周年記念、滋賀県立○○高等学校 学び感動繋ゆけ○○高校の大還暦」と刻まれている。最後にある「大還暦」などという言葉は勿論広辞苑にはない。60歳(60年)で還暦だから、その倍の120年を大還暦と造語したのだろう。つまり、私はほぼ母校の還暦の年に卒業しているのだ(昨年が創立120周年で卒業生は4万人超)

 処が、とても意外なのは、校歌の冒頭にある「遵義」なる言葉が広辞苑にないのだ。いやあるのはあるが、そこには「中国貴州省北部○○○沿線にある工業都市とある。学校で、「遵義(じゅんぎ)とは、正しい道にしたがうことで、『真理と正義を追及する』と教えられた」のですが、他の漢和辞典にも載っていません。この語も造語なのでしょうか。

 話が変わって、昨年の文化勲章受章者に長尾真さんの名前があったよし。私は氏のことも受賞も全く知らなかったのですが、氏は、京大名誉教授で、情報工学、特に知的情報処理分野で世界をリ−ドされている方だそうです。先日入手した同窓会報で氏が母校の4年先輩と初めて知りました。故郷自慢にも似て、母校自慢もちょっぴりしたくなったものですから、書かせて頂いた次第です。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16
全 100件 [管理]
CGI-design