八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索

 里山の味・いちじく  あ  2018年7月31日(火) 9:31
[修正]
 熟したイチジクを見る、よく口にしていた母のことを想い出す。そんなイチジクが羽曳野誉田の畑で色付いていた。

 歴史に学ぶ  ikekazu  2018年7月30日(月) 22:01
[修正]
 何年前になるだろうか。「歴史を学ぶ」は駄目で、「歴史に学ぶ」でなければいけないと教わったのは。正直その時は意味が分からなかった。「を」と「に」に大きな違いがあるのだろうかと。

 その後自分のちっぽけな頭で考えて出した答えは、「歴史を学ぶ」は、自分の好きな人物や出来事を勉強する=私のような「摘み食い」や「趣味」に近いもの。 他方「歴史に学ぶ」は先人が遺した考えや行為、そこには成功も失敗もあり、善い行いも悪い行いもある、を深く学び、個人の生き方や国の在り方に役立てることであると。

 ある時高名な先生の話があったのだが、子どもの教育は「過去の日本の失敗や悪かったことは話す必要はありません。日本の長所や良かった行いだけを話せばよいのです。どこの国でもそうしています」と聴き違和感を覚えた事を思いだす。確かに子どもが先人の失敗や国の失敗ばかり聞かされれば、萎縮してしまい、前途に希望を見いだせない子供たちを作り出してしまう恐れもあるのは事実でしょう。

 しかし、人間も企業も国も失敗をするものであり、失敗から学ぶことも多いはず。成功も失敗を等しく教え、失敗をしても挫けず前に進める子どもに育てるためにも、また「歴史に学ぶ」の真の意味からしても、偏りすぎない教育が必要なのではないでしょうか。「歴史に学ばない国は滅びる」はそのことを意味しているように思えるのですが。

 多様性  ikekazu  2018年7月29日(日) 9:10
[修正]
 最近生き辛くなったとよく耳にしますが、実態はどうなのでしょうか?
考えられるのは、○能率、効率、生産性を重んじ過ぎる(ゆとりがなくなる=大企業での不祥事多発) ○許す心の後退。○最近の「言葉狩り」的な風潮。○多様性に反発する動き(多様性が人類をここまで発展させたことは科学的に証明されているが)。

 さて、S議員の「LGBTのカップルの為に税金を使うことに賛同がえられるのでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」発言には賛成しかねます。そういう意見のあることは認めますが。人間の生き様に生産性は私の中では馴染まない。私にはまるで物扱いの感がしてとても悲しいです(お断りしておきますが、雑誌を買っていませんので、議員の全文は読んでいません)

 人口が減り続けることは国が衰退することであり、このことは100人中90人までが賛成するでしょう。まさに国家の危機です。議員にはこの問題が念頭にあり、職責上上の発言になったと推測します。さりとて、このことと子どもを作らないを『生産性』がないという言葉で表現することは余りにも短絡的過ぎないでしょうか。問題は分けて考える必要はないでしょうか。

 なぜ子どもを設けないのかのアンケ−ト調査では、・可処分所得が増えない。・教育費の問題等が挙げられています。今まさに政官財民あげて議論しなければならない分水嶺に来ているのではないでしょうか。S議員さんの活躍を期待します。

 高安の里の昆虫・とんぼ  あ  2018年7月24日(火) 18:06
[修正]
暑い日が続きますが如何でしょうか。網を手にトンボやチョウを追いかけた思い出、虫かごをを持った息子を自転車に乗せて走り回った思い出、そして今はトンボやチョウを見つけると足が止まる。柏原太平寺にて。

 米の今・昔  ikekazu  2018年7月24日(火) 17:15
[修正]
 サッカ−W杯ロシア大会で、2ゴ−ルを決めるなど大活躍した乾貴士選手に19日、滋賀県庁で「県民スポ−ツ大賞特別賞」が贈られた。滋賀県の選手だから勿論誇りに思うが、今日は故郷自慢ではない。その時知事から副賞に贈られたのが近江米60キロ(1年分)であった。(1年分)との( )書きに目が留まった。

 私の子供のころ、日本は二つの増産に全力を挙げていた。一つはお米で、もう一つが住宅であった。当時の政府にとって、如何に食住を増産し国民に安心感を与えるかが喫緊の政治課題だったのだ。

 当時、米は国民一人当たり1石が必要だと言われていた。ご参考までに1石=10斗=100升=1000合=2.5俵であり、重さで言えば、1石は150キログラムに当たる。即ち1年で一人当たり150キログラムが必要だったことがわかる 何と1日に2.7合=410グラムも食べていた。

 ところが、その後パン食が入ってきて主食の幅が広がり、副食も豊富になったこともあり、米が食べられなくなった。今は一人当たり米の年間消費量が、60キログラムまでに減り、60数年前の4割に落ち込んでいることが今回の新聞記事から読み取ることができる。

 今はコメも余り、空き家も増え続けているやに聞く。隔世の感あり。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16
全 100件 [管理]
CGI-design