八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索

   ken  2018年9月4日(火) 11:04  HP Mail
[修正]
週間天気予報では白馬方面天候良さそうで京都発AM10:09サンダーバードにメンバー8名全員乗車する。
金沢にて新幹線はくたかに乗車、糸魚川13:45着ホテルからの迎えのバスに約1時間にて5連拍の
ホテル、リゾートインマリオンシナノ着。
毎日のように周辺散策がてらスケッチポイント、昼食場所、酒屋、ジェラート、パン屋等々と調査理由は
ホテルの食事は朝、夜付きなのでお昼は有りません。食後は持参のトランプにてババ抜きにて大いに笑う。
私は5枚描いたが多い人は7枚も。マル2か月も筆を持たない為かスムースに描けない。帰る前日のお昼から雨、カミナリ降る。
翌日の朝も糸魚川駅到着まで
金沢からのサンダーバードが不通、どうしても京都に帰るには東京経由でと言われ茫然。
8名打ち合わせ結果とりあえず金沢へ。先のことは駅到着後に。
案の定、金沢宿泊となる。駅員の良さにてホテル確保、翌日のAM10:56の指定確保9号車です。おかげで美味しいお寿司嬉しい。
これが翌日(9/1)の列車乗車後ハプニング発生する。指定券持ちながら席に座れないお客可哀そう。
次回お会いした折にお話ししましょう。ken企画参加者、我々は運が良かった、よかった。次回の旅に又お会いしましょう。
絵は白馬栂池高原と京都御所。

 作品展を訪問  Kan  2018年9月10日(月) 7:48 [修正]
9日にKenさん主催の「第4回水彩スケッチ風景画作品展」をIkeさんと一緒に訪れた。酒処伏見のギャラリー。Kenさんの2つの言葉が心に残った。「作品には題をつけるが説明的になってはいけない。見ていただく方の創造力を掻き立てるようなものがいい」「緑中心の絵は難しい。木々や森の深さ表現するのが。」ゆっくりと見せていただいた。ちなみにこの作品展は明日11日が最終日、11時〜15時。会場は京阪伏見桃山駅・近鉄桃山御陵前駅下車、大手筋商店街を西へ徒歩5分、大手筋ギャラリー(075-601-0413)。

 私の誇り  ikekazu  2018年9月10日(月) 11:43 [修正]
 大手筋ギャラリ−入口両脇のkenさんの傑作に迎えられ、中に入れば、仲間の力作である、膳所城址、近江八幡の堀、伊吹山からの母なる湖、比叡山の麓坂本の明智光秀の菩提寺西教寺付近?等、懐かしい故郷の風景が私を堪能させてくれた。

 kenさんに「宝島」へ奥様とご一緒にお話に来て頂いたのは、10年近く前の平成21/4/1で,タイトルは「スケッチと仲間づくり」であった。定年退職後絵を描くきっかけとなったエピソ−ドは今なお新鮮である。その後腕もめきめき上がり、スケッチクラブまで設けるようになるとは、私を初め会社仲間の誰が想像しえただろうか。

 絵を愛し、酒を愛し、勿論奥様を愛するkenさん。第2の人生をこれほどまでに開花させたkenさんは私の誇りである。

 去る者追わず、来る者拒まず  ikekazu  2018年9月6日(木) 20:38
[修正]
 プロ野球セ・リ−グは早々と広島に当確が点灯。広島の選手は試合をしていて敗ける気がしていないのではないでしょうか。実に伸び伸びと自信を持ってプレ−をしている様に見え、巨人の9連覇時代を彷彿とさせます。

 広島球団の経営方針が、「去る者追わず、来る者拒まず」だと聞いた覚えがあります。どんなに広島球団で活躍した選手であっても、一旦他球団に行きたいと言えば止めない、逆に広島へ来たいと選手があれば、それを拒まない。良い例が、昨日、今季限りでの現役引退を表明した新井貴浩選手。広島の大黒柱であった時、阪神に移籍を希望し阪神へ、阪神で出番がなくなった時、広島に帰りたいと申し出て広島に復帰し大活躍。

 長くなりましたが、ここまでが前段。本題は、東京医科大学が一般入試で女子の得点を一律に減点していた問題。当然賛否両論。私は広島球団の経営方針の様に、医者になりたいと希望すれば、男女の間で試験の点数をいじるなどと言う姑息な事をせずに自然に任せたらどうかと思うのです。

 女医が増えると、眼科と皮膚科ばかりが増え、体力勝負の外科医が不足するとの指摘もありますが、「自然体」に任せれば広島の様に少し時間を要しても日本の医学界は素晴らしいものになる気がするのですが、暴言でしょうか。

 高安の里の花・稲の花  あ  2018年9月4日(火) 9:35
[修正]
 今日は台風接近による空模様。かつて造り酒屋のサークルに入っていた頃は八月の終わり頃に必ず、稲の花観賞会という名の行事があった。勿論、日本酒好きの仲間の寄り合う名目なのだが。その時、稲の花のことを知った。自花受粉し、開花時間が一瞬と言えるほど短いことなど。その時期が過ぎ、今は実りの始め、台風の影響はどうなるか、心配の時期ではある。教興寺にて。

 夏の振り返り  ikekazu  2018年9月1日(土) 20:41
[修正]
○「恐怖の暑さ」が今夏にぴったり。それが何より証拠には、食い気だけが取り柄の我が家のララにして食欲がない(最も歳のことがあるかもしれませんが)。更に蚊もこの暑さでは人に止まっても血を吸う元気がなしと実験で実証済みとか。

○近江高校の活躍。高校野球100回大会で近江高校が8強入り。その活躍に目頭が熱くなりました。甲子園で最多68勝を誇る名監督・高嶋さん率いる智辯和歌山を初戦で破り、準優勝の金足農高には9回表まで2−1でリードとあわやの接戦。スポ−ツ後発県も今や全国区に。開会式では選手宣誓も。

○妻が倒れて8/20で丸四年になりました。過ぎて終えばあっという間だった感がします。「私が倒れるわけにはゆかない」の願いが神様に届いたのか、お陰様でその間一日も寝込むことがありませんでした。感謝。

○3日間行方が分からなかった2歳児を救出した尾畠さん78歳。その高尚なボランティア精神には頭が下がるばかりです。児童心理を読み、見返りは一切求めず、目的を達すればサッサと帰る。どれを取っても「お見事」の一言です。名利を求めないこのような人たちが我が国を支えているに違いありません。手を合わせたくなります。それにしても2歳児も天晴れ。 願わくばお使いに出ている尾畠さんの奥さんが一日も早く帰宅されますように。

 大きな政府、小さな政府A  ikekazu  2018年8月30日(木) 23:13
[修正]
 前回は「外為法の改正」を取り上げたのですが、橋本内閣が打ち出した「6つの改革」の目的は、出来るだけ公の介入を減らし、私の自由に任せ、競争力を高め、世界で戦えるようにするのが目的でした。

 当時、・企業の行動は市場が判断する。変な事をすれば、市場から撤退させられる。それが悪事(違反)の抑制になる。 ・小さな政府で財政も助かる。 ・民間に任せれば良くなる。 ・規制を緩和すれば競争力が上がるとの考えがありました。

 報道では、自動車メ−カで出荷前検査をしなかったり、デ−タを改ざんしたり、資格のない社員が検査をしていた等があったと言います。その昔は検査に多分政府(運輸省)が噛んでいたのだと思います。それが、「日本版ビッグバン」以後、メ−カ自身が行い、国土交通省に事後報告をするシステムになったのでしょう。もしそうなら誤魔化そうと思えば出来る土壌があることになります。

@人間(企業)って弱いもので、監督されなければ、自利のためについしてはならないことに手を染めてしまう癖がある。 小さな政府が原因か?
Aもう一つ考えられるのは、日本のメ−カはJIS規格以上に厳しい自社規格で受注競争をしていると聞いたことがあります。守るのが相当困難な規格で契約を交わし、それが足かせになっている? 一連の不祥事の原因は、@でしょうか Aでしょうか。 それとも。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15
全 100件 [管理]
CGI-design