八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索

 八尾寄席6/10プリズムで  kan  2018年6月13日(水) 20:28
[修正]
毎年2回開催の八尾寄席もなんと12回になる。素人落語を楽しみませんかのキャッチフレーズだが驚くことが2点ある。一つはその集客力だ。70人80人が押しかけるのだから大したものだ。もう一つ、それは半年ごとに成長の姿を見せてくれることだ。身内意識でハラハラしながら聞いていたかと思うと、半年後には思わず引き込まれ大笑いしている。今回特に心に残ったのは「童謡酒場」。歳を重ねると童謡を口ずさむことが多くなる。あるある体験を見事についた作品だ。また聞きたいと思う。

   七海  2018年6月15日(金) 10:09 [修正]
いやいや、kanさんikekazuさんあさんクラブの皆様のご後援あつての
開催でございます。
何時もありがとうございます。

それにしても、50周年パーティー楽しかったですね!

 高安の里の花・ドクダミ  あ  2018年6月12日(火) 20:14
[修正]
 梅雨の季節、合間の散策でドクダミの花が群生しているのによく出会う。誰が付けたか知らないが、"ドクダミ"とは可哀そうな名前である。個体に毒があるわけでもなく、臭いもこれといってない。名前の由来は諸説あるようだが、"ドクダミ"というネーミングからくる印象ははなはだ悪い。群生している花に近づいてよく見ると、白くて可愛らしい花である。郡川にて。

 これからのシーズン、楽しく過ごすため  ken  2018年6月5日(火) 10:02  HP Mail
[修正]
やっぱり好きなこと旅のスケッチ(目的)をすることで長続きになると思います。
雨の日は体を動かす、それも室外にて歩くことが嫌になる。それもこれからの梅雨シーズン。この歩数約束は数年前から家内との約束事。当初は1日1万歩、年月の経過にて8000歩、今は6000歩となり約束違反は×金です。アーアー。何とか▲にならない様、日々頑張っています。
それも旅の資金(預金減少)に絡む為。トップに記しました好きな事、この夏5連泊(白馬)にスケッチ9名で行く計画あり、避暑を兼ねてスケッチ三昧、最高、ウレシー事が待っています。
1:淡路岩屋漁港
1:滋賀近江舞子
1:京都大原

 船の下の海の黒さ  kan  2018年6月6日(水) 0:00 [修正]
漁港風景に目が留まった。強烈に心に響く。それは船の下の海の黒さである。この絵はそれを見事にとらえている。

 第二の人生花開く  ikekazu  2018年6月7日(木) 11:25 [修正]
 スケッチすることが大好きになられた由、これって本当に凄いことではないですか。

 現在の千葉県にあった商家の当主を50歳で隠居、江戸に出て天文学を学び、55歳から測量の為17年をかけて全国の沿岸部と主な街道を歩き、74歳で没。死後3年経った1821年に「大日本沿海輿地全図」としてまとめられた。その精巧さには幕末に来日した英国艦隊が驚いたとされる。この人物こそ歴史にその名を遺す伊能忠敬である。彼は、第二の人生で、それまでとは全く違う分野で大輪の花を咲かせたわけである。

 kenさんは非鉄金属業界一筋で現役を退かれた。悠遊自適の中?で氏が描いたスケッチ(確か腕時計?)をみたご内室の「あなた、この絵とても良いじゃない!」の一言に、それまで眠っていた氏の才能が目を覚ます。その後どうなったかは、上の絵をご覧いただければお分かりになるだろう。kenさんもまた、第二の人生で、それまでとは全く違う芸術の分野で花を咲かせたことになる。 天晴なるかな!

 核の問題  ikekazu  2018年6月5日(火) 16:49
[修正]
 @先進国の中での既得権者には、「核保有」を認めるが、それ以外(後発)は駄目だというのは二重基準でありおかしい。Aいや、きちんとした核の管理をしている先進核保有国と北朝鮮やイランの核保有はそもそも根本が違う。  あなたはどう思われますか?

 今世界の最大の関心は、米朝会談が6月12日に予定通り行われるかであろう。議題は勿論朝鮮半島の非核化。場所はシンガポ−ル。報道に依れば、北朝鮮は宿泊先として五つ星のスイ−トル−ムを要求しているとのこと。

 驚く勿れ、その一室の宿泊代は約65万円/一泊。何室が必要かわからないが、北朝鮮は自国の外貨不足を理由に、その費用を関係国に求めているのだという。それに対し、シンガポ−ルの国防相が”する用意がある”と表明し、ノ−ベル賞を受賞した国際NGOのICANが”平和賞の賞金から拠出することを模索する”と述べたらしい。

 払うお金がないのに最高級の部屋を要求するこの理不尽さ、でもそれを受け入れようとの反応があるのは、紛れもなく「核保有の絶大な威力」に他ならない。核を持っていなければ、そもそも米国が会談に応じることもなかったろう。金朝鮮労働党委員長が、どうしても手に入れたかった理由はここにある。核保有が良いか悪いかの問題ではない。自分自身を守り、体制を守るために持ちたかったのだ。そして北朝鮮はその目的を果たしつつあると言えるのでなかろうか。

 昭和15年前後の我が国の状況と北朝鮮の今の違いはここにある。

 昨年末こんな本が出た  kan  2018年6月5日(火) 8:32
[修正]
「初めての○○歳」こんな本、書きたくないですか。山藤さん曰く、「若いころは気付かなかったこと、思いがけない発想など、脳裏に浮かぶあれこれを筆の向くまま綴り始めたら止まらない。」これは年輩者だけじゃない。「初めての14歳」なんてタイトルも面白そうだ。若いうちにしか気づけないこともしっかりことばで残しておきたいよね。そうか人生今が初めてだ。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16
全 100件 [管理]
CGI-design