八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索

 国家と道徳  Kan  2020年1月5日(日) 11:31
[修正]
道徳を真正面からとらえた本が出た。今日産経に書評が出たので紹介したい。
ちなみに八尾ではアリオの丸善で販売されている。

 そうだよな  Kan  2020年1月13日(月) 13:14 [修正]
アリオ丸善に聞くと在庫は後一冊とのこと。著者の日頃の発言からするとトーンは抑えている。それだけに物事の本音、本筋を押さえて世の中の課題をとらえているように感じる。根本的対策が示唆されている。産経書評の「すがすがしい気分になる」はここからくるのだろう。そうだよなとうなづける。

 八尾いち  Kan  2020年1月11日(土) 12:14
[修正]
3/20春分の日に江戸時代に盛んであった八尾いちが常光寺で開かれる。テント張りなどのボランティア募集中。

 金言・名言・格言@  ikekazu  2020年1月11日(土) 10:08
[修正]
 金言とは、「古人の残した、模範となる尊い言葉、格言、金句(広辞苑)とある。 もっとも「金言耳に逆らう(金言もややもすれば人の感情をそこなって聞き入れられない」も載っているが。

 最近知ったトルストイの名言に「誰もが世界を変えたいと思うが、誰も自分自身を変えようとは思わない」があり、大いに納得した。世界の大文豪は違うなあと思いつつ。「誰も」という事は、トルストイ本人も含めているのであろうか。

 考えるに理由は簡単。誰もが自分は正しい、相手が間違っていると思っているからである。正しい=正義とも言えようか。又、あの人は左より(左派)、この人は右寄り(右派)と使い分けているが、言われた方は誰もが自分は真ん中と思っているはずである。自分は正しいと思えるからこそ、この世で生きていけるという面もある。だから争いは、自分は正義と思う人同士のぶつかり合いに他ならない。

 処で、モラロジ−(道徳科学)は、心の働きに注目、心づかいを重視し、利他的な愛の実践を通して人々に安心と幸福をもたらし、社会に正義と調和を実現しようとする教えである。正義だけで無く正義と調和です。又、人の心は変えられないが、自分の心は変えられるとも教えています。

 はてさてどうしたものかA  ikekazu  2020年1月9日(木) 10:46
[修正]
@こちらは容認派。社会学者のK氏。自身20年前に「桜を見る会」に招待されたが、つまらなかったので途中で帰って来た。桜を見る会は古典落語「長屋の花見」に似ている。店子の八や熊が大家に”友達を連れて行ってもいいですか”と尋ね、花見客が増えて行ったようなもの。そうめくじらを立てるほどの事もありはしない。それに予算も、それを追及している岡っ引きの二人分ではないか と(ちなみに費用は5千万円弱と新聞では)

Aもう一方の話。これは「桜を見る会」とは無関係だが。元駐日ベナン大使ゾマホン・ルフィン氏。「日本で一番立派な人は、総理大臣でも政治家でもなく、小さな会社を命をかけて経営している社長さんと、一生懸命働いているスタッフさん達なんだと。そんな日本人たちが勤勉に働き、余裕のない中で払う税金の中からアフリカを支援してくれているんだ、と。それを聞いたら、アフリカの人は日本からの支援をムダにできない。日本の皆様に感謝します」 外国人でありながら、日本社会をよく観察されている。

 めくじらを立てる事は無いかも知れないが、「蟻の穴から堤も崩れる」との諺もあります。 ・招待者選考過程の透明性(一人一回の原則) ・費用は税金からです、大事に使い記録はきちんと。 要するに原点に戻って会を存続させればどうでしょうか。個人的にはここ2〜3年続く隔靴掻痒感から抜けだしたいのですが。

 はてさてどうしたものか@  ikekazu  2020年1月7日(火) 10:34
[修正]
 間もなく第201回通常国会が召集される。期間は150日。そこで昨年どれだけ国会が開かれていたかを調べてみた。
第198回(常会) H31/1/28〜R元/6/26  150日
第199回(臨時会)R元/8/1〜R元/8/5      5日
第200回(臨時会)R元/10/4〜R元/12/9   67日

合計すると国会開催日が222日(休みは143日)となります。最初私は”まずまず議員さんも働かれているではないか”と思った。しかし、考えてみれば、開催中も土・日・祝日は休んでいるのだから、実労働は約160日(205日休)。国の為に尽くし、国民の為に働きたいとして、議員さんになられたのだから、もう少し働いてほしいなあと庶民感覚で思った事ではある。

 閑話休題。多分今回の国会でも、野党は例の如く「桜を見る会」を取り上げ、政府を追及することだろう。これに対しては当然二つの意見がある。一つは、わが国には「憲法改正」「少子高齢化」「社会保障」「国の安全」等々重要な問題が山積しているのに、その事で喧々諤々とやらないで、些細な問題追及で時間を潰すなんて許せない。  他方、忖度、記録改竄、記録破棄、質問のはぐらかし等々の政府の姿勢は赦せない。又政府行事の私物化は言語道断だ、徹底的に闘う。

 私みたいな右顧左眄人間には、両方の意見共に「その通り」と思えるから厄介である。はてさてどうしたものか。  −続く−

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16
全 101件 [管理]
CGI-design