八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索

 矛盾を考えるB  ikekazu  2019年7月27日(土) 10:20
[修正]
 昭和天皇の御製(昭和61年=1986年8月?)
「今年の此の日にも又靖国のやしろのことに(て)うれひはふかし(うれはしきかな)」

 私の結論は、靖国に東軍の戦死者や西郷隆盛が祀られていないのは、納得できる矛盾であった(あったとしたのは過去形になって欲しいとの願い)。理由は、@靖国の淵源は、長州藩で結成された騎兵隊士の霊を弔う為に発議された。A戊辰戦争において、朝廷軍(西軍)が錦旗を掲げて東軍とたたかった。B何よりも、国(天皇)の為に命を捧げた将兵を祀る社であった。

 しかし、時代は変わった。主権=国民になった。もうここらで、祀られていない、東軍の戦死者、西郷隆盛、乃木希典、東郷平八郎、吉田松陰、橋本左内等々を合祀してはどうだろうか。それぐらいの度量を関係者は示して欲しい。”各々方、もうここらでよろしいのやおまへんか”と。

 歴史にIfが許されるならば、慶応2(1866)年7月徳川家茂(正室が孝明天皇の異母妹の和宮)、12月に孝明天皇が共に亡くなったが、この二人がもう少し長生きしていたら幕末史はどうなっていただろうか。孝明天皇は外国人が心底嫌いであったが、徳川幕府を憎んでいたのではなかった。

 又A級戦犯の合祀が行われたのは、幕末の4賢侯の一人福井藩の松平春嶽の孫の松平永芳氏が靖国の宮司の時だったとは、歴史のつながりを感じる。

 日韓の現状を憂う  ikekazu  2019年7月23日(火) 9:02
[修正]
 日韓関係が戦後最悪だと報じられている。誠に残念でならない。お隣同士だから猶更である。ひょっとして安倍首相と文大統領は性格的に合わないのかも知れないなあ。お二人の血液型は?

 外交とは丁々発止と渡り合って、最後は1〜2%有利な所(ウイン・ウイン)で合意するのがコツだと、終戦時の元外相・東郷茂徳さんの子息の元大使が書いていました。圧倒的有利な取り決めをすると、将来そのしっぺ返しがくるのだと。現在の両国間の懸案事項でそれが可能なのでしょうか。

 こういう時、間に立てる大物(この人が言うなら仕方がないなあと思わせられる)が両国のどちらかにいたらと思わずにはいられない。昨年6月に92歳で亡くなられたキム・ジョンピル元首相などは、そういう人物だったと私には思えるのだが、死者は帰らずだ。

 処で、モラロジ−の創建者・廣池千九郎博士は、次の様に述べている。少し長くなるが引かせて頂く。「自ら正義を守るは可なれど、−中略− 要するに破邪はいっさい公然に行うてはいけませぬ。ただ顕性だけにして、自然に自己の感化を他の人に移すのが自他の幸福を致すゆえんであって、これが真の道徳でありましょう。そうして、これを聴かぬ人にたいしても、右のごとくなすよりほか、道はあるまいと思います。 −後略−」

 何れにしても外交は難しく大変である。

 お前サン  ikekazu  2019年7月14日(日) 22:53
[修正]
 大阪弁は京都の御所言葉から派生発展したものであるゆえ、サマという言葉は無い。京都御所では、禁裏サン、東宮サン、姫宮サンなどといい、サマは田舎言葉としていやしめられる。だから「神様」でなく「神サン」である。(田辺聖子・楽老抄より)

 今はテレビから時代劇がほとんど消えてしまったが、30年程前までは花盛りで、その一つが「銭形平次」であった。随分と長寿番組で、平次役も若山富三郎、安井昌二等多くの役者が付いたが、私が観たのは、大川橋蔵さんの時(昭和41〜昭和59年)である。女房役が香山美子さんであった。女房・お静が平次に声を掛ける時、”お前サン”と言うのだが、この”お前サン”が私は大好きで、とても印象に残っている。

 随分と前置きが長くなったが、最近、プロ野球中日ドラゴンス公式応援団の応援歌「サウスポ−」の歌詞が問題となっている。その歌詞に「お前が打たなきゃ誰が打つ」とあり、球団が「お前は選手に対して失礼、子どもが使うのも教育上、良くない」と自粛を求めた。与田監督も「おまえ」でなく、選手の名前で呼んで欲しいとの趣旨だと説明している由。

 賛否両論あるらしいが、何とも世の中がせせこましくなったとの感が否めない。生き辛さがある。そこで私からの提案、「おまえ」ではなく、「おまえサン」と変えて、「お前サンが打たなきゃ誰が打つ」としてはどうだろうか。字余りで少し歌い難いかも知れないが、そこは我慢してもらうとして。

 達成しました!  ikekazu  2019年5月30日(木) 23:23
[修正]
 何を隠そう、ここ1週間程は浮き浮きしていた。兎に角嬉しい。やった事は大したことではないが、続けられたことに対し自分を褒めてあげたい。令和元年5月29日が、地球1周4万キロメ−タ−の距離を踏破し終えた記念の日となった。

 毎日ノ−トに記録しながら、13年と5ヶ月、日数にして4,897日がかりで目標達成(歩数にして68,966,351歩)。1日平均14,083歩となる。平成27年秋には膝が悪くなり、記録達成を諦めかけた時期もあっただけに・・・・・。

 さて、何故地球1周を目指すことになったかを説明せねばなるまい。平成16年12月31日(64歳3か月)で現役を引退。その時考えたのが、心身の衰えを1日でも遅らせる為に何かをしようと。思いついたのが、@心(脳)の為に文章を書く。A身(体)の為に歩くの2点であった。その決め手になったのがイエロハットの鍵山さんの「やろうと思えば誰でも出来ることを長く続ける」の教えである。翌年は46年間の宮仕えの疲れを癒す一年にあて、平成18年1月1日に第一歩を踏み出した。それから13年と5ヶ月である。

 妻にも内緒で続けてきたが、ここで白状をして、鯛の尾頭付きでも買って祝う? それは少しやり過ぎ?

(追伸)この日阪神−巨人戦があり、12回裏阪神は1死満塁で、代打高山が満塁本塁打を放ちサヨナラ勝ち。私の記念日に花を添えてくれた。多謝。

 おめでとうございます  Kan  2019年5月31日(金) 7:28 [修正]
IKEKAZUさま、おめでとうございます。IKEKAZUさまらしい偉業を成し遂げられたこと祝賀会を何回やってもいいと思いました。そのうちの一回は私が担当幹事をさせていただきたいです。先ずは奥様に長年内緒にしていたことを打ち明けてその喜びを共有してください。第2回目を企画させていただければ嬉しいです。この企画に賛同の方ひそかに私まで連絡を。今日は嬉しい1日になりそうです。

 伊能忠敬  Kan  2019年6月3日(月) 13:39 [修正]
ブラタモリで千葉県が取り上げられ江戸時代に日本の地図を作った伊能忠敬が紹介された。地図はその正確さがゆえそれ以降100年にわたって使われたという。かかった歳月、55歳から71歳までの17年、測量で歩いた距離は4万キロ、IKEKAZUさんとダブってきました。

 おめでとうございます!!  koba  2019年6月7日(金) 9:15 [修正]
ikekazuさんへ

ご無沙汰しています。

4万キロの踏破、おめでとうございます。正に「継続は力なり」の地道な偉業だと思います。
ウオーキングは健康面にとても良いですね。

私の近況報告ですが、昨年の夏、血糖値の上昇により専門の糖尿科内科に通院するようになりました。血糖値の薬は飲まず、食事療法と運動療法の指導を受けています。勤務前や勤務後の運動の時間はなかなか確保が難しいです。

そこで、部活指導の時にアップの時や打撃練習の最中、生徒たちの周辺を歩きながらアドバイスをするように工夫しています。それまでは立ち止まったままでアドバイスをしていました。朝練時も生徒たちよりも30分は早くグランドに行き、ウオーキングをするように工夫しています。

ほぼ毎日のウオーキング効果もあり、血糖値が正常になりました。身体にも精神的にもすごく良いことを実感している毎日です。

ikekazuさんの継続力、意志の強さに敬意を表します。

これからもお元気でお過ごし下さい。

 宝島セミナー  Kan  2019年7月14日(日) 9:26 [修正]
IKEさん地球一周記念祝賀会が先日開催され、席上「IKEさんの人生がもっと知りたい」の声が上がりました。そして、実現しました。次回の宝島セミナーにご登壇いただくことができました。会場のキャパランクアップも可能ですのでお知り合いの方々にご案内よろしくお願いいたします。

 スマホのすすめ  ken  2019年7月11日(木) 10:16  HP Mail
[修正]
6/3〜5愛知県犬山市へSSC旅のスケッチです。スケッチポイントは犬山城周辺、木曾川堤周辺、明治村。参加者19名です。スケッチの合間に国宝、犬山城に上がりました。値打ち有りますね。いつも思うのですが、前もって下調べが楽しいのです。現地に入っても知らない土地なのでスマホが力、発揮、大変便利。SSCでは皆様にスマホ購入を大いに進めています。大げさかもしれませんが世界が変わる。グループ間の連絡にLINEがとても便利に利用できます。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15
全 100件 [管理]
CGI-design