八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索

 記録は破るためにある  ikekazu  2021年9月19日(日) 10:28
[修正]
 単語には意味に微妙な差異のあるものがあるので注意が必要です。今日取り上げるのは「記録」です。さて、”失礼な、馬鹿にするな!”と叱られそうですが、ユ−モアの一環として次の質問を考えて頂ければ幸いです。

(質問)「記録は破るためにある」は、以下のどちらでしょうか。
(答1)「記録(公文書等」は破る(または改ざんする)為にある」
(答2)「これまでに記録されている数値を超える為にある」

 勿論、正解は答2ですよね。今日はそんな話です。歳がいくと、どうしても、”今どきの若い者は頼りない、礼儀を知らない、心配だ”とばかり、自分がさも出来ているように思いがちですが、どうしてどうして、私は今の若者は頑張っているなと感心することが多いのです。

@将棋の藤井聡太二冠(棋聖・王位)が、13日、叡王戦五番勝負で、豊島将之竜王を3勝2敗で破り、三冠になった。彼は今19歳1か月。過去のスピ−ド達成記録は、羽生善治九段の22歳3か月であるから、一挙に3年も縮めてしまった事になる。礼儀正しく、インタビユ−での受け答えも実にしっかりとしている。

A大谷翔平の活躍には目を見張るものがある。9月12日現在、打者として44本塁打、122安打、打点91。走者として22盗塁、投手として9勝を挙げている。二刀流選手として103年振りに、ベ−ブ・ル−スの偉大な記録(二桁勝利、二桁本塁打)に並びそうである。成功しないとされる2刀流で、日本の若者が、野球の神様のル−スに並べるなんて誰が予想し得たであろうか。

 二人の大活躍を見ると、正に記録は破るためにあると思うのですが如何?

 母の手作り弁当  ikekazu  2021年9月18日(土) 11:18
[修正]
 今日の編集手帳に、「サンドイッチ」が出てきた。これを初めて食べたのは何歳位の事だったか。処で、私達世代の子どもは何で大きくなったのだろうか。その一つは母が作る弁当であったと私は考えているのだが。

 昭和20年代、小学校は家から徒歩で5分の所であったから、あるいは昼食は家に食べに帰ったのではないかと思う(記憶が曖昧)。中学校は徒歩20分、高校は自転車で30分弱で、間違いなく母の作る弁当持参であった。

 母は家で誰よりも早く起き、ご飯を炊き、多い時で3人分の弁当を作っていた。おかずは前日の夕食の残り物に、何かをプラスだった。正直母は、料理が得意とは言えなかったが、何しろ私は食べ盛りで、好き嫌いが無かったから綺麗に平らげた。弁当では懐かしく思いだす事件?がある。中学生の3学期、弁当にお漬物が入っていた時のことだ。

「菜の花漬け」は京都名産になっているが、それは浅漬け。私の故郷・田上では専ら古漬け(田上の名で販売している)である。塩分が強く今から思えば体にはよくなかったろう。でも私は大好きで、この漬物だけでご飯の2〜3杯は食べられたのが自慢。

 中学生の頃冬の弁当は、教室で温める事があった。これが問題の発端。菜の花の古漬けは臭いが強い、それを温めればそれが倍加する。教室中に充満する。これは経験しなければ分からない。でも仲間は皆同じ村育ち、笑いで済ませる。

 その母も逝って20年、亡くなる3週間前に詠んだ駄作。
「母は病み日々衰えし 姿見て 掛ける言葉の無きぞ悲しき」 

 東京五輪と首相交代  ikekazu  2021年9月17日(金) 11:24
[修正]
 今年は昭和39年に似ている。@オリンピック開催。Aその直後に首相が交代。未だ検証が済んでいないから正確には分からないが、今年の東京五輪の費用は3兆円を超す様だ。2013年の招待時に東京都が示した、総額7340億円の実に四倍。国民の背にずしりと重い。でも「後の祭りよ」である。

 美空ひばりさんの歌を思いだす。「お祭りマンボ」だ。神田生まれのおじさんと浅草育ちのおばさんはお祭り騒ぎが大好きである。そのお祭りに二人は夢中になっている。誰から何を言われても聴こうとはしない。その間に、おじさんの家は焼け、おばさんは泥棒にヘソクリを盗られてしまった。二人共ため息をつくばかり。いくら泣いても「後の祭りよ」。

 前回の東京五輪終了と共に喉頭がんで治療中の首相・池田勇人さんが辞任した(後継は佐藤栄作)。「所得倍増」を掲げた首相として知られる。近年名宰相だったと評価が上がっているそうだ。そして今年、再選されるとの大方の予想に反して、菅義偉首相が突然総裁選の不出馬を発表。今思いだせないが。もう一人冬季オリンピック終了後辞めた首相がいた。首相にとっての五輪は鬼門か。

 池田勇人さんの派閥「宏池会」の流れをくむ岸田派の岸田文雄さんが総裁選に名乗りを上げた。主な政策に、「令和所得倍増」を掲げ、「小泉改革以降の新自由主義を転換し」、格差是正に取り組むという。新自由主義の転換となれば、画期的ではなかろうか。

 捨てることの難しさB  ikekazu  2021年9月16日(木) 10:43
[修正]
 我々の周りには捨てることが難しい物は数多あるが、最大の厄介物=地球上で捨てられず最後まで残るであろう物は何であろうか。それは「核」であると、私は思う。人類が地球上に存在する限り無くなることはないと私は悲観的である。何故この様な物を持ってしまったであろうかと「臍を噛む」思いである。

 今核を保有しているのは、米英仏中露の五常任理事国(NPT批准国)と、イスラエル、インド、パキスタン、北朝鮮(以上NPT非批准国)、シリア、イラン、ミャンマ(以上疑惑国)の由。これ以上増えるのはご免こうむりたいが、でも保有国が、持とうとしている国に、「持つな」というのもエゴではないのだろうか。識者の中の「NPT批准国はちゃんと管理できるから良いが、他の国はそれが不透明だから駄目だ」との意見はもっとものように見えて、だがそれも「お為倒し」の類だろうと思う。二酸化炭素を十分発生させ温暖化を招いた先進国が、発展途上国にこれからは出すなと言うに似ている。

 またわが国は、世界で唯一の核被爆国でありながら、「核禁止条約」を批准していない。私は、これは日本が抱える最大の矛盾だと思っている。勿論事情は良く分かっている。分かってはいるが「矛盾」である事に変わりはない。

 私が、人類は何故「核」を手放すことができないと思うか。それは、悲しいかな人類には「疑心暗鬼」という心理が働くからである。これがある限り核を無くすことは無理である。厄介な物を持ってしまった事よ!!! 尚、「核」と「原子力」は同根である事を忘れてはならない。

 隣の国のこと  ikekazu  2021年9月15日(水) 22:15
[修正]
 14億人、56の民族そして世界三番目の広大な国土からなる中国、国を治めるのも大きすぎて大変だろうと同情する。もし西欧の如く民主主義を採用したらどれほど混乱を引き起こすことだろうか。その中国、もう10年もすればアメリカを抜いて世界一の経済大国になるらしいが、最近李首相は、現在も6億人(42%)が月に17,000円以下で暮らしていると発表。

 8月17日に開催された、中央財形委員会で習国家主席が重要演説をした。その中の一つに人民の幸福を実現する為に「共同富裕」というスロ−ガンがある。要するに金持ちとそうでないものとの格差を縮めるのだと。

 ここで少し間誤付くのは、確か結党100周年の時、”わが国は、欧米とは異なる社会主義国家として、大成功をおさめた”と述べた筈である。社会主義なら何故格差が起こるのかと?(と思ってしまうのだ)。

 中国は、政治は、人民の国を称しているが、どう見ても「共産党の独裁(専制)主義」であり、民主主義体制ではない。経済システムは、対外的には社会主義体制を唱えているが、完全に資本主義体制なのである。だから経済格差ができるのはある意味当然。ただ、中国経済のおよそ60%と中国国内の雇用の80%が民間企業によって生み出されているが、その民間企業の多くは、一部を政府によって所有されている様だ。

 民主主義の反対は共産主義ではなく、独裁(専制)主義、資本主義の反対が、社会(共産)主義なのである。つまり中国は、資本主義で経済を動かす独裁主義国家なのである。民主主義は政治原理、資本主義は経済システムなり。尚生産手段の共有が社会主義、収穫を必要に応じて分け合うと共産主義になるそうです。では現在本当の共産主義国家は存在するのでしょうか?

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20
全 100件 [管理]
CGI-design