八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索
●発言内容はインターネットを通じて誰でも見ることができます。次のことに注意してください。
●読む人に誤解を招いたり、不快感を持たれるような内容となっていないか注意してください。
●個人名・連絡先等を書き込む場合は、人に知られてもよい一般情報だけを記入してください。
●写真・絵・文章などの著作権は、投稿者にあります。無断での転載は禁止です。
発言のマナーを守ってください。

 人生の時間軸  ikekazu  2020年4月6日(月) 13:58
[修正]
 女性はなぜ男性より平均寿命が長いのか。この問いに対しては、科学的なものからそうでないものまで、古今東西で色々と説がなされてきたようだ。例えば「ホルモン説」などは科学的なものであろう。私が一番気に入っているのは、「女性はお産というとても大変なそうして大事な務めを果たす、その報奨として神様から与えられた特典である」というものである。

 ところで、最近の調査によれば、人間だけでなく、他の哺乳動物も一般的に雌が長生きすることが分かっているらしい。でも鳥類は寿命が雄雌ほぼ同じとのこと。その原因を探っていくと、哺乳動物は雌が子育てをするのに対し、鳥類は夫婦で子育てをするらしい。とすれば、冒頭のお産への報奨とほぼ似ていて、しかも科学的と言えるのではなかろうか?

(本題)日時への感じ方ははどうだろうか。子供の頃の1年はとても長く感じたが、歳と共にその感じ方は、・ゆっくりした歩き→・ウオ−キング→・ランニング→・100メ−タ競走 への感覚になっていく。齢80ともなれば、「月日の経つのは速いですね」が挨拶代わりとなるのだ。

 新説を目にしたのでご紹介したい。東大阪新聞に「月日の経つのが早く感じるのは、気のせいではない。いわば人生における月日の比重の差異だろう。10歳児の1年間は人生の1/10(10%)であるのに対し、80歳成人の1年間は1/80(1.25%)となる」記者・小川秀人さん。

 1週間前までとは違い、私はいま月日の経つ遅さに悩まされている。ララがなくなって未だ6日しかならない。なぜだろう。 

 ありがとう そして サヨウナラA  ikekazu  2020年4月2日(木) 11:01
[修正]
 思い出しました。今年の成人式の時、成人を迎えたきららは着飾って来宅、ララと会っています。そしてララが亡くなった日もお別れにきてくれました。きっとララは喜んでいてくれることでしょう。きららも涙ぐんでいました。15年間の月日が流れたのですよね。妻が、「きらら」と「ララ」を間違って呼んていたことも懐かしい思い出となってしまいました。

 添付の写真は生後半年、翌年のカレンダ−になった時のものです。ララは散歩を好まず、寒さに弱く甘えたでした。内弁慶で外面は抜群? シャンプに連れて行くとどこの店でも、”とてもお利巧さんで、本当に楽でした”と必ずお褒めの言葉をいただきました。この3月12日が最後のシャンプ−となりました。歯も掃除してもらい、爪も切ってもらったのがせめてもの慰めです。

 苦しみながらも必死に生きているララの体は温かっかった。事切れて段々と温かみが減少して行き、そして完全に冷たくなった。生とは死とはを改めて教えられた。

 長年暮らしたケ−ジにララを安置し、お線香を立て、花を飾り、好物のドッグフ−ド、リンゴ、トマト、パン、水を供えた。ララを最も可愛がった長男が綺麗にララの体を洗い出棺の用意をした。午後3時頃、市の迎えの車に乗せられ、ここで永遠のお別れとなって・・・・・。

 ここまで書いて涙が滲んできた。もう進めません、何万回と口にしたララ、数えきれない多くの思い出をありがとう。そしてあの世でも可愛がってもらうのだよ。 サヨウナラ。

 NHK「禅の知恵に学ぶ」  Kan  2020年4月1日(水) 22:09
[修正]
 以前に友人からいただいた冊子をあらためて読む。昨年NHKこころの時代で放送された内容だ。読後、もっとも強く心に残った言葉は、ある老師のことば「困ったときは、しめたとおもえ」である。
5年前四国88ケ所を歩いて回った時に、平均、日に2つの感動を味わった。その中でも大きな感動は、「困りごと」の後にやってくることに気づいた。道に迷う、のどが渇く、熱が出る、こんな時人の親切が身に染みる。生かされていることに感動する。これからも「困りごと」は常にやってくる。しめた、チャンスだと思える自分でありたい。

 ありがとう そして サヨウナラ@  ikekazu  2020年4月1日(水) 9:55
[修正]
       「告」
愛犬ララが満15歳を目前に31日天国に召されました
生前のご厚情に深く感謝し 謹んでご報告申し上げます

 こうすれば良かったのでは ああしたのは間違いではなかったか、と後悔が泉のごとく湧き出てきます。これがペットロスというのでしょうか。今最も悔やんでいるのは2日前の未明、私はトイレへと立ちました。ララのケ−ジを見たら彼女がいません。歩くのが儘にならぬのに?と探したところ、なんと私の布団の上にちょこんと座っていました。今思えば、今生のお別れにきていたのでは・・・・。でも、最近お漏らしがひどく、布団を汚してはとケ−ジに連れ帰ったのです。このことが痛恨の極みと胸を締め付けます。今懸命に堪えています、深い悲しみを。

 ララ(ミニダックスフンド・スム−ス・雌)は、26日朝から食欲が衰え、27日の朝食は一口も摂らず、そのうち水も飲めなくなりました。何かを探しているかのようにケ−ジの外をおぼつかない足取りで行ったり来たり、あるいは同じところをくるくる回る他は、ケ−ジに戻り眠るだけ。29日には足腰が立たなくなり、食欲の衰えの始まりからわずか5日目の旅立ちでした。余りの速さに茫然自失の態です。

 生まれは2005年5月5日。ペットショップで孫のきらら(当時5歳)が選び、生後38日目の6月12日に我が家の一員に。名前もきららが付けました。飼うことを強請った孫二人は離れて住んでおり、偶にしか来ないのにララはきららが一番好きでした。その喜びようったら・・・。この家へ呼び寄せてくれた恩義を感じていたのでしょうか。  −続く−

 臨時スケッチ会中止しました。  ken  2020年3月31日(火) 8:38  HP Mail
[修正]
3月24日時点では4月上旬から2回、臨時スケッチ会、開催の計画を発表していましたが、中止いたしました。会員皆様に安全の確保できない為で、スケッチ現場までバス、電車利用、久しぶりに会う為、会話が弾む等々にて。
2〜3日前から新型コロナウイルスの拡大により東京では近々に『緊急事態宣言』が出そうな状況、これは京都も大阪も同じです。3/26京都梅小路公園、3/30伏見疎水、いずれも1人スケッチです。さみしい。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16
全 100件 [管理]
CGI-design