八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索
●発言内容はインターネットを通じて誰でも見ることができます。次のことに注意してください。
●読む人に誤解を招いたり、不快感を持たれるような内容となっていないか注意してください。
●個人名・連絡先等を書き込む場合は、人に知られてもよい一般情報だけを記入してください。
●写真・絵・文章などの著作権は、投稿者にあります。無断での転載は禁止です。
発言のマナーを守ってください。

 米国大統領と日本の偉人  ikekazu  2019年2月13日(水) 20:38
[修正]
 ケネディやクリントン、オバマ等元・前大統領が上杉鷹山を尊敬し、演説などで彼の言葉を引用したことは有名である。We must change Yes we can =為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の 成さぬなりけり (オバマ前大統領と上杉鷹山)

 処で、ケネディの就任演説の「アメリカ国民の皆さん、国があなたに何をするかを問うのではなく、あなたが国に何ができるかを自問してください」「世界市民の皆さん、アメリカがあなた方に何をするかではなく、私たちが一緒になって、共に人類の自由のために何ができるかを問うてください」の前文が広く世界に行きわたった。

 最近ある雑誌を読んでいて、ひょっとしてこの部分はケネディが、福沢諭吉の書物からヒントを得たのではないかと思った。その本とは、「痩我慢の説」である。その冒頭には「立国は私なり、公に非ざるなり」とある。意味するところは、政治家や官僚は国からお金を貰っている。だから国家のために尽くすのは当然だ。しかし一般国民が、私立の機関が、国家のために貢献しようと努力することこそ尊く、それがあってこそ国家は繁栄していく。つまり国を支えていくのは、志を持った国民一人ひとりである と解説されているのだ。 ピッタリではないか。

 高安の里の花・梅  あ  2019年2月12日(火) 19:29
[修正]
 寒い日あり、暖かい日もあり、里山は大雨や台風によるハイキング道の修復もままならず、倒木の放置や倒木による道の崩壊など多々見られる。そんな中の里山散策、あちらこちらに梅の開花が見られる。千塚にて。

 国民性は?  ikekazu  2019年2月9日(土) 16:13
[修正]
 ”私は人間嫌いではないが、人見知りで怖がり”であると、先日本欄で申し上げました。それでは大きく出て、個人ではなく大和民族の性質はどうだろうか。ある出来事からそんな事を考えることになった。自画像ならぬ自国画像(国民性というか民族性というか)は、四捨五入して、「人見知りで怖がり」との結論に達した。

 大阪のS市で、住宅街の一角に「外国人研修生用施設」を造ることになり、関係団体が住民への説明会を開いたところ、もう反対一色、関係者に怒声を浴びせる画像が映しだされた。その理由が、平穏な街に知らない外国人が入ってくることは、「とても不安」「秩序が乱れる」「狭い道路で外国に人に出会ったら怖い」「子どもの外出が心配」「言葉の問題」等である。(「事前に説明が何もなかった」は単なる付け足し?) これらの意見から分かることは、慣れた環境に異質なものや者が入ってくることにとても神経質だということである。平たく言えば怖いのだ。

 その昔、海外で「カメラをぶら下げて歩く集団を見れば、それは日本人観光客」と言われたものだ。勿論単独で海外で活躍日本人はごまんといるが、本質は左程変わっていないのではなかろうか。

 高安の里の花・梅  あ  2019年2月5日(火) 15:32
[修正]
 暖かい日が続きます。里散策でも一気に春の花が咲き出しました。山畑の民家の庭の大きな梅の樹はもう満開状態となっていた。

 ハリネズミの願い  ikekazu  2019年2月4日(月) 20:39
[修正]
 人見知りで臆病。初めて会う方にはついつい身構える。特に知らない方々ばかりの立食パ−ティが苦手(お断りしておきますが人間嫌いではありません)。だから、その正反対な方々には尊敬するばかりである。私がそのような話をしたところ、”それはどうしてですか”と尋ねられたのですが、その場で返答できませんでした。最近その答えになりそうなのを見つけましたので報告まで。

    トーン・テレヘン著「ハリネズミの願い」
    ”親愛なるどうぶつたちへ。
    ぼくの家にあそびに来るよう、キミたち
    みんなを招待します。
       でも、だれも来なくてもだいじょうぶです”

 自分の尖ったハリがみんなを傷つけるかも知れないと思っている主人公はほかの動物とうまく付き合えない。そんなハリネズミがある日誰かを招待しようと思い立ち、手紙を書いたのだが、送る勇気が出ない。誰かに訪ねてきてほしい。でも会うのが怖い・・・・と行きつ戻りつする。

「天声人語子」は、ハリが比喩するのは、誰かを傷つけるかもしれない自分の性格か、あるいは誰からも傷つけられたくないという防御の姿勢か、ハリネズミの孤独は意外とありふれたものかもしれない と。

 このハリネズミが私なのでは?

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17
全 101件 [管理]
CGI-design