八尾ニューモラル生涯学習クラブ掲示板投稿検索
●発言内容はインターネットを通じて誰でも見ることができます。次のことに注意してください。
●読む人に誤解を招いたり、不快感を持たれるような内容となっていないか注意してください。
●個人名・連絡先等を書き込む場合は、人に知られてもよい一般情報だけを記入してください。
●写真・絵・文章などの著作権は、投稿者にあります。無断での転載は禁止です。
発言のマナーを守ってください。

 「国家とは」で悩んでいます  ikekazu  2018年6月19日(火) 21:00
[修正]
「私達(国民)は国のために尽くしたが、国(国家)は私達に何もしてくれなかった」 これは先の大戦での、終戦時戦地で想像を絶する苦難を体験された方や、片や内地では空襲で全財産を失う悲惨な状況に出逢われた方たちが口にされた言葉である。

 ところで、「国家」の定義は、国民・領域(領土・領海・領空)及び主権という三つの要素からなり立ち、国民の生存と幸福を求める権利を保障するために、様々な権力を持ち、これを行使する組織 とあります。

 私の浅い知識では、先ず個人があり、それが最小単位の家族を形成し、その家族の寄り集まりが国であろうと思う。近世では、国とは政府といえようか。現在の政府は我々個々人が選挙で選んだ方が国会議員となり、政府=内閣を作り国の在り様を決めることになっている。言いたいのは、我々とは別種の特別な人たちがいて特別な国家という箱物があるのではない と言う事だ。

 そう考えれば、冒頭の言葉は、「私達は仲間のために尽くしたが、仲間は私達に何もしてくれなかった」と言い換えられるのではなかろうか? こう考えると今の沖縄の問題もわかりやすくなる。沖縄の人たち(勿論全部の方ではない)が、国に憤りをぶつけているのは、実は私たち仲間の無関心に憤懣を投げかけているのでは。 

 高安の里の樹/花・ジャカランタ  あ  2018年6月19日(火) 18:13
[修正]
 ジャカランタという樹の名前を初めて知ったのは、八尾商工会議所が新しく今の場所に建てられたのを記念してある団体が玄関脇に記念樹として植樹、その名札を見た時であった。図鑑で花や樹の姿を知り、更に「世界三大花木」の一つだと知り、興味を持ち、毎年花の時期には楽しみに前の道を通っていたが、いまだに花の咲くのを見ることはなかった。そんな折、昨年恩智(南)の散策で大きな屋敷の庭にジャカランタが、そしてその大木に花が咲いているのを見つけた。昨年は花の盛りは過ぎていたので今年は花の季節が待ち遠しかった。樹は大木で、花は上の方で風で花びらがひらひら、私のデジカメでは、これで精一杯ではあるが、満足である。

 宝島セミナー 子どもの気持ちに目を向ける  Kan  2018年6月16日(土) 23:39
[修正]
本年度第1回の宝島セミナーが6/16夜、八尾市生涯学習センターで開催された。テーマは「見えない子供の気持ちに目を向ける〜親が子供にできること〜」。講師は尼崎たねまき寺子屋世話人 古川杏(あんず)氏。現代、人が成長し幸せな人生を送るのに不足しているものは「道徳」と「社会貢献」だとズバリ言われる。そのため日頃の生活で心がけることは「よい生活習慣」「素読」「掃除」「有酸素運動」そして子どもに対して親の理想を押し付けないことが重要と話された。講師の名前、杏はお母さんが室生犀星の作品にちなんでつけてくれたらしい。参加者の一人がわざわざ家まで杏を取りに帰ってくださり記念写真は杏で飾られた。

 バランス  ikekazu  2018年6月18日(月) 22:56 [修正]
 どれだけ体に良い食べ物でも食べ過ぎれば体に悪影響をもたらす。まさに「過ぎたるは及ばざるが如し」なのである。古川杏さんの「本能と理性」の話の中で、両者のバランスは4対6が良いと言われたと思う。

 本能はとかく悪く見られがちである。原因は、人間が、自分の偉さを強調したいがために、人間は本能と理性を併せ持つが、他の動物は本能だけで生きていると言い触らした為ではなかろうか? 他の動物にとっては甚だ迷惑な話なのだ。

 私は、本能もとても大事であると思う。「本能」は、「個性」と言えないだろうか。理性が大事だとして、人間を理性で100%にしてしまえば、金太郎飴になってしまう。つまり、「あなた」と「わたし」の違いがなくなる。違いのない「あなた」と「わたし」の存在価値があるとは思えない。

 高安の里の花・蕎麦  あ  2018年6月5日(火) 19:23
[修正]
 高安の里山散策で、蕎麦の白い花に出会う。河内の手打ち蕎麦でも作るのだろうか。白い蕎麦の花の遥か向こうには眼下に大阪の街が広がっている。山畑にて。

 羂索(けんじゃく)の如き花  koba  2018年6月17日(日) 11:50 [修正]
蕎麦の花 不空羂索(ふくうけんじゃく) 観音や
  空にそびえる  救ひの縄手

初夏の空 畑を包む 羂索や
  仏の如く 白く優しく     和歌二首


あさん、こんにちは。

蕎麦の白い花が、不空羂索(ふくうけんじゃく)観音に見えます。
衆生救済の花に見えます。

今日は日曜日ですが、朝から登校して期末試験の作成をしていました。これから部活指導でグランドに行きます。
今日はかなり暑いですが、へこたれないで監督業を頑張ります。

これからも素敵な花画像に期待しています。

 観音  Kan  2018年6月18日(月) 16:03 [修正]
蕎麦の花が観音像に見える感性にKOBAさんの品性を感じます。早速「不空羂索」を検索しその深い意味を知ることができました。

 源氏物語の世界  Kan  2018年6月16日(土) 11:15
[修正]
オンライン講座GACCOで源氏物語が取り上げられている。「桜人」巻と玉鬘の物語、「輝く日の宮」と上の品の女性たち、 「巣守」巻の巣守三位と男たち 『雲隠六帖』の物語世界、 『山路の露』という続編、 『山路の露』の浮舟、とこんな内容だ。源氏物語の外伝ともいえる作品が意味することを学ぶことで源氏物語ワールドがなんと広やかなのかを実感する。6/26までは見られるのでぜひ覗いてみてほしい。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14
全 100件 [管理]
CGI-design